滞納とはどういった状態の事か

MENU

滞納とはどういった状態の事か

借金をする場合、返済は一括を選ぶ事も可能ですが何回にも分割して返済する事も可能です。その場合は自分の返済能力に合わせて返済額等を決めますが、病気によって収入がなくなってしまったりする等の理由でどうしても計画通りに返済できなくなってしまうことが有ります。滞納とはこのように当初の予定通りに返済できない状態の事を言います。また借金だけでなく、税金や支払い等の期日を守る事が出来ていない場合も滞納と言います。

 

もし自分が今月は支払いや返済が出来ないから滞納しそうだと分かった場合は、そのまま放置するのではなくすぐに相手先の方に連絡をします。連絡をすればその時に合わせた支払い・返済方法を伝えて貰う事が出来、さらに期日等も延期してもらえる場合も有るからです。

 

ただ相手先に連絡をしてもしなくても、正常に支払いや返済が出来ていない状態には変わり有りません。その為、相手先に迷惑を掛けたと言う事で、遅延損害金等を払うことになる場合が有ります。これは連絡をした時もしていない時も同様に請求される場合が有るお金です。

 

滞納が続いた場合、相手先には多大なる迷惑がかかってしまいます。お金を借りている場合は最悪は契約解除と言う措置が取られ、今までの借金は一括で返済しなければならない事態に陥ります。また裁判を起こされてしまうと財産の差し押さえ等がされてしまう可能性も無いわけではありません。ただ滞納したらすぐに契約解除となる訳ではなく、まずは電話で連絡、次に郵便物、そして訪問が行われ、最終的に裁判に至る形です。

 

このようにならないためにも、まずは自分の返済能力に合った借入をする事、さらに滞納しそうな時はすぐに業者に連絡します。どうしようもなくなった場合は債務整理を検討するのも一つの方法です。